HOME/ビタミンCの真実

ビタミンCの真実INDEX

日本でも壊血病はなくならない

食べ物の豊富な先進国でみつかっている壊血病患者

15~16世紀、大航海時代に多くの船員を死に追いやった壊血病は、当時、不治の病として海賊以上に恐れられていました。しかし18世紀、英国海軍の船医であったジェームス・リンド (James Lind)は船員にオレンジやレモンを食べさせることで壊血病を防げることを発見しました。壊血病は新鮮な食べ物が豊富な先進国では発症することはないと考えられています。しかし、そんなことはありません。毎年、多くの壊血病患者が先進国から報告されています。2006年以降に先進国で見つかった壊血病患者を表1にまとめました。これら壊血病患者の共通点は新鮮な果物や野菜を長期間にわたり食べていないことです。また、壊血病患者の多くは慢性的なアルコール中毒者、高頻度の喫煙者、独り暮らしのお年寄りでした。

表1
年齢 性別 血液中の
C濃度
症状 文献
2006 オランダ 3歳 女性 記載無し 下肢に出血斑、歯肉の腫脹、貧血 1)
2006 オーストラリア 42歳 男性 検出限界以下 歯茎から出血、両大腿に広範囲な出血斑 2)
2006 フランス 61歳 男性 3mg/L 両脚に出血斑、鼻出血 3)
2006 フランス 66歳 男性 2.4mg/L 両腕に出血斑 3)
2006 フランス 67歳 女性 1mg/L 胸及び両腕に点状出血 3)
2006 オーストラリア 22歳 男性 0.5mg/L 左脚に広範囲な出血斑及び毛包周囲に点状出血 4)
2006 アメリカ 77歳 女性 検出限界以下 下肢に出血斑、歯茎から出血、易疲労感、貧血 5)
2006 スペイン 48歳 男性 記載無し 毛包周囲の点状出血、歯茎から出血 6)
2007 日本 6~12歳 男児 記載無し 貧血、歩行困難、大腿の腫脹 7)
2007 韓国 5歳 女児 0.6mg/L 左脚の腫脹、易疲労感、発熱 8)
2007 アメリカ 51歳 男性 1.2mg/L 呼吸困難、下肢の毛包周囲に点状出血 9)
2007 アメリカ 2歳 女児 記載無し 下肢の痛み、易刺激性、倦怠感 10)
2007 台湾 52歳 男性 記載無し 歯肉の腫脹、食欲不振、脱力 11)
2007 アメリカ 5歳 男児 検出限界以下 右足の痛み、うつ状態、脱力 12)
2007 アルゼンチン 10歳 男児 記載無し 歯肉の腫脹、骨量減少、壊血病性念珠 13)
2007 アメリカ 65歳 男性 1.2mg/L 下肢に出血斑及び毛包周囲の点状出血、歯列異常 14)
2007 アメリカ 32歳 女性 2mg/L 左脚の腫脹と発疹及び毛包周囲の点状出血 15)
2007 アメリカ 9歳 男児 1.2mg/L 歩行困難、歯肉の腫脹、皮膚発疹 16)
2007 インド 3歳 男児 記載無し 左眼球突出、右大腿部の肥大 17)
2007 シンガポール 37歳 女性 記載無し 右前腕近位部の肥大及び血腫、体重減少 18)
2008 アメリカ 9歳 男児 記載無し 骨の痛み、歯肉の腫脹、易疲労、皮膚発疹 19)
2008 イギリス 56歳 男性 記載無し 下肢に広範囲な出血斑と毛包周囲の点状出血及び発疹、右膝に関節炎 20)
2008 アメリカ 57歳 男性 0.017mg/L以下 左脚に広範囲な出血斑及び毛包周囲の点状出血、呼吸困難 21)
2008 カナダ 15歳 女性 1.8mg/L以下 骨の痛み、歯肉の腫脹、結膜下出血 22)
  • 1) Kalk WW, de Boer J, van der Wouden EJ, Visser A, Vissink A (2006) A schizophrenic patient with loss of teeth. Ned Tijdschr Tandheelkd 113,202-205
  • 2) Dean MG (2006) Extensive bruising secondary to scurvy. Intern Med J 36,393
  • 3) Hatuel H, Buffet M, Mateus C, Calmus Y, Carlotti A, Dupin N (2006) Scurvy in liver transplant patients. J Am Acad Dermatol 55,154-156
  • 4) Mapp SJ, Coughlin PB (2006) Scurvy in an otherwise well young man. Med J Aust 185,331-332
  • 5) Olmedo JM, Yiannias JA, Windgassen EB, Gornet MK (2006) Scurvy: a disease almost forgotten. Int J Dermatol 45,909-913
  • 6) Juarez Y, Espana S, Fernandez-Diaz ML, Lueiro M (2006) [Scurvy and acquired ichthyosis associated to Whipple's disease]. Actas Dermosifiliogr 97,587-590
  • 7) 松本正栄, 芦川良介, 田中水緒, 丹羽徹, 田中祐吉 (2007) 貧血・歩行困難・大腿腫脹を呈した壊血病の1例. こども医療センター医学誌 36,183-189
  • 8) Choi SW, Park SW, Kwon YS, Oh IS, Lim MK, Kim WH, Suh CH (2007) MR imaging in a child with scurvy: a case report. Korean J Radiol 8,443-447
  • 9) Arron ST, Liao W, Maurer T (2007) Scurvy: a presenting sign of psychosis. J Am Acad Dermatol 57,S8-10
  • 10) Burk CJ, Molodow R (2007) Infantile scurvy: an old diagnosis revisited with a modern dietary twist. Am J Clin Dermatol 8,103-106
  • 11) Chang CW, Chen MJ, Wang TE, Chang WH, Lin CC, Liu CY (2007) Scurvy in a patient with depression. Dig Dis Sci 52,1259-1261
  • 12) Noble JM, Mandel A, Patterson MC (2007) Scurvy and rickets masked by chronic neurologic illness: revisiting "psychologic malnutrition". Pediatrics 119,e783-790
  • 13) Larralde M, Santos Munoz A, Boggio P, Di Gruccio V, Weis I, Schygiel A (2007) Scurvy in a 10-month-old boy. Int J Dermatol 46,194-198
  • 14) Wang AH, Still C (2007) Old world meets modern: a case report of scurvy. Nutr Clin Pract 22,445-448
  • 15) Walters RW, Vinson EN, Soler AP, Burton CS (2007) Scurvy with manifestations limited to a previously injured extremity. J Am Acad Dermatol 57,S48-49
  • 16) Duggan CP, Westra SJ, Rosenberg AE (2007) Case records of the Massachusetts General Hospital. Case 23-2007. A 9-year-old boy with bone pain, rash, and gingival hypertrophy. N Engl J Med 357,392-400
  • 17) Verma S, Sivanandan S, Aneesh MK, Gupta V, Seth R, Kabra S (2007) Unilateral proptosis and extradural hematoma in a child with scurvy. Pediatr Radiol 37,937-939
  • 18) Mak WM, Thirumoorthy T (2007) A case of scurvy in Singapore in the year 2006. Singapore Med J 48,1151-1155
  • 19) Mawson AR (2008) Bone Pain, Growth Failure, and Skin Rash After an Upper Respiratory Illness in a Boy With Autism: Possible Association With Altered Retinoid Metabolism. Clin Pediatr (Phila) 48, 21-25
  • 20) Karthiga S, Dubey S, Garber S, Watts R (2008) Scurvy: MRI appearances. Rheumatology (Oxford) 47,1109
  • 21) Velandia B, Centor RM, McConnell V, Shah M (2008) Scurvy is still present in developed countries. J Gen Intern Med 23,1281-1284
  • 22) Samonte VA, Sherman PM, Taylor GP, Carricato MN, Fecteau A, Ling SC, Ng VL (2008) Scurvy diagnosed in a pediatric liver transplant patient awaiting combined kidney and liver retransplantation. Pediatr Transplant 12,363-367

 

アメリカから報告された壊血病患者の症例

 

このページの先頭へ