HOME/ビタミンCの真実

ビタミンCの真実INDEX

ビタミンとはいったい何?

ヒトは食物から栄養を摂取し、その栄養素(3大栄養素:タンパク質、脂質、糖質)を使って身体を構築したり、活動のためのエネルギーを作り出しています。ビタミンは身体の機能を調節して、身体のなかで起こるさまざまな化学反応を助ける役目があります。また、ビタミンは体内ではつくられないか、作られてもごく微量であるため、食物などから摂取しなければなりません。直接、身体を構成する材料ではないけれども、それがないとうまく生命活動を維持できないのがビタミンなのです。

効率的なビタミンの取り方

現在知られているビタミンは、13種類あります(図1)。 その13種類のビタミンも大きく水に溶けやすい水溶性ビタミンと油に溶けやすい脂溶性ビタミンの2つに分けることができます。

それぞれのビタミンで効率的な取り方や調理方法が異なります(図2)。 ビタミンB1、B2、B6、B12、ナイアシン、パントテン酸、葉酸、ビオチン、ビタミンCなどの水溶性ビタミンは、水に溶けやすく、熱で直ぐに分解されやすい性質を持つため、茹でる時も手早く調理する必要があります。 一方、ビタミンA、D、E、Kなどの脂溶性ビタミンは、油に溶けやすい性質を持っているので、油で炒めるなど油と一緒に取るのが効率的です。 また、脂溶性ビタミンは尿から排泄されにくいので、身体の中に長く留まっています。そのため、前日に取った分など、少し貯蓄が可能です。 しかし、水溶性ビタミンは、一度に多く摂っても、余剰分は直ぐに尿の中に排泄されてしまうため、明日まで持ち越すことはできません。

図1 図2

ビタミンCはコラーゲンの重合に必要

私たちの皮膚や血管、骨に多く含まれる繊維性のタンパク質、それがコラーゲンです。コラーゲンは細胞と細胞の間をつなぎ合わせる接着剤のような役割を果たし、皮膚や血管、骨に柔軟性を与え、そして丈夫にしてくれます。実に骨の20%はコラーゲンで出来ているのです。このコラーゲンの合成にはビタミンCが必要不可欠です(図3)。ビタミンCは合成されたばかりのプロコラーゲンに含まれるアミノ酸、プロリン、リシンを水酸化する酵素を助ける働きがあります。プロリン、リシンがきちんと水酸化されないと3本のコラーゲン繊維が重合した三重らせん構造が出来なくなってしまいます。こうなると当然、肌荒れが酷く、血管が脆くなり、骨粗鬆症にもなりかねません。

図3

 

ヒトは体内でビタミンCを合成できない

 

このページの先頭へ