HOME/ビタミンCの真実

トピックス INDEX

ビタミンCの摂取はウェルナー症候群の症状を軽減

ウェルナー症候群は1904年にドイツ人医師Otto Wernerにより初めて報告されました1)。代表的な早老症候群のひとつとして知られる常染色体劣性遺伝の疾患です。また、その原因遺伝子は第8染色体短腕上に存在するRecQ型DNA/RNAヘリカーゼ(WRNヘリカーゼ)遺伝子です1-3)。ヘリカーゼはDNA複製、修復、転写、翻訳、スプライシングなど、遺伝情報を扱う様々な過程でATPやGTPを加水分解して得られるエネルギーを使って塩基間の水素結合を切り離し、DNAの二重らせんや二次構造を取ったRNAなどをほどく働きがあります。そのためウェルナー症候群では顕著なゲノムの不安定化が認められます。幼年期から好発する早老症のHutchinson-Gilford Progeria症候群(プロジェリア症候群)4)に対してウェルナー症候群は思春期以降に骨粗鬆症や白内障、糖尿病、動脈硬化などの老化関連疾患を発症するのが特徴です。そのため、よりヒトの正常老化に近い老化疾患モデルとして考えられています2),5-7)。ウェルナー症候群の平均寿命は46-48歳です。2009年、Massipら2)はウェルナー症候群モデルマウスにビタミンCを長期的に投与して飼育したところ、様々な代謝異常や肝臓血管内皮細胞の変性など老化に関連した疾患が改善し、平均寿命が野生型と同程度まで回復したという興味深い結果を報告しました。

ヒトのウェルナー症候群患者はWRN遺伝子に変異があるため、完全なWRNタンパク質をつくることができません7)。Massipらはウェルナー症候群モデルマウスとして、WRNタンパク質のヘリカーゼドメインを欠損したWrnΔhel/Δhelマウス8)を実験に使用しました。このマウスはウェルナー症候群の症状を呈し9)、平均寿命は野生型マウスに比べて10-15%短いです。

Massipらは、野生型マウスおよびWrnΔhel/Δhelマウスを離乳時から0.4%のビタミンC水溶液を与える群と与えない群の3群を用意し、自由に摂食できる条件下で寿命を調べました。その結果、ビタミンC水溶液を与えたWrnΔhel/Δhelマウスの平均寿命は、ビタミンC水溶液を与えないマウスに比べて18%も延長しました。また、平均寿命は野生型マウスと同程度でした。このようにビタミンCの摂取がウェルナー症候群の症状を軽減する効果のある可能性が初めて示されました。

文 献

  1. Shen JC, Loeb LA (2000) The Werner syndrome gene: the molecular basis of RecQ helicase-deficiency diseases. Trends Genet 16, 213-220
  2. Massip L, Garand C, Paquet ER, Cogger VC, O'Reilly JN, Tworek L, Hatherell A, Taylor CG, Thorin E, Zahradka P, Le Couteur DG, Lebel M (2009) Vitamin C restores healthy aging in a mouse model for Werner syndrome. FASEB J 24, 158-172
  3. Rossi ML, Ghosh AK, Bohr VA Roles of Werner syndrome protein in protection of genome integrity. DNA Repair (Amst) 9, 331-344
  4. Decker ML, Chavez E, Vulto I, Lansdorp PM (2009) Telomere length in Hutchinson-Gilford progeria syndrome. Mech Ageing Dev 130, 377-383
  5. Yu CE, Oshima J, Fu YH, Wijsman EM, Hisama F, Alisch R, Matthews S, Nakura J, Miki T, Ouais S, Martin GM, Mulligan J, Schellenberg GD (1996) Positional cloning of the Werner's syndrome gene. Science 272, 258-262
  6. Ozgenc A, Loeb LA (2005) Current advances in unraveling the function of the Werner syndrome protein. Mutat Res 577, 237-251
  7. Huang S, Lee L, Hanson NB, Lenaerts C, Hoehn H, Poot M, Rubin CD, Chen DF, Yang CC, Juch H, Dorn T, Spiegel R, Oral EA, Abid M, Battisti C, Lucci-Cordisco E, Neri G, Steed EH, Kidd A, Isley W, Showalter D, Vittone JL, Konstantinow A, Ring J, Meyer P, Wenger SL, von Herbay A, Wollina U, Schuelke M, Huizenga CR, Leistritz DF, Martin GM, Mian IS, Oshima J (2006) The spectrum of WRN mutations in Werner syndrome patients. Hum Mutat 27, 558-567
  8. Lebel M, Leder P (1998) A deletion within the murine Werner syndrome helicase induces sensitivity to inhibitors of topoisomerase and loss of cellular proliferative capacity. Proc Natl Acad Sci U S A 95, 13097-13102
  9. Massip L, Garand C, Turaga RV, Deschenes F, Thorin E, Lebel M (2006) Increased insulin, triglycerides, reactive oxygen species, and cardiac fibrosis in mice with a mutation in the helicase domain of the Werner syndrome gene homologue. Exp Gerontol 41, 157-168

Next災害時におけるビタミンCの必要性

このページの先頭へ