HOME/ビタミンCの真実

研究実績 INDEX
2017 / 2016 / 2015 / 2014 / 2013 / 2012 / 2011 / 2010 / 2009 / 2008 / 2007 / 2006 / 2005 / 2004 / 2003 / 2002 / 2001 /

2016年 研究実績一覧

原著

  1. Shuto T, Kamei S, Nohara H, Fujikawa H, Tasaki Y, Sugahara T, Ono T, Matsumoto C, Sakaguchi Y, Maruta K, Nakashima R, Kawakami T, Suico MA, Kondo Y, Ishigami A, Takeo T, Tanaka KI, Watanabe H, Nakagata N, Uchimura K, Kitamura K, Li JD, Kai H. : Pharmacological and genetic reappraisals of protease and oxidative stress pathways in a mouse model of obstructive lung diseases. Sci Rep (in press)
  2. Koizumi M, Kondo Y, Isaka A, Ishigami A, Suzuki E. : Vitamin C impacts anxiety-like behavior and stress-induced anorexia relative to social environment in SMP30/GNL knockout mice. Nutr Res (in press)
  3. Kunimura Y, Iwata K, Ishigami A, Ozawa H. : Age-related alterations in hypothalamic kisspeptin, neurokinin B, and dynorphin neurons and in pulsatile LH release in female and male rats. Neurobiol Aging (in press)
  4. Masutomi H, Kawashima S, Kondo Y, Uchida Y, Jang B, Choi EK, Kim YS, Shimokado K, Ishigami A. : Induction of peptidylarginine deiminase 2 and 3 by dibutyryl cAMP via cAMP-PKA signaling in human astrocytoma U-251MG cells. J Neurosci Res (in press)
  5. Wizeman JW, Nicholas AP, Ishigami A, Mohan R. : Citrullination of glial intermediate filaments is an early response in retinal injury. Mol Vis (in press)
  6. Lee, KM., Lee, Y., Chun, HJ., Kim, AH., Kim, JY., Lee, JY., Ishigami, A., Lee, J. : Neuroprotective and anti-inflammatory effects of morin in a murine model of Parkinson's disease. J. Neurosci. Res. (2016) (in press)
  7. Kadowaki, S., Shishido, T., Sasaki, T., Sugai, T., Narumi, T., Honda, Y., Otaki, Y., Kinoshita, D., Takahashi, T., Nishiyama, S., Takahashi, H., Arimoto, T., Miyamoto, T., Watanabe, T., Ishigami, A., Takeishi, Y., Kubota, I. : Deficiency of Senescence Marker Protein 30 Exacerbates Cardiac Injury after Ischemia/Reperfusion. Int. J. Mol. Sci. 17(4). pii: E542. (2016)
  8. Takahashi, R., Ishigami, A., Kobayashi, Y., Nagata, K. : Skewing of peritoneal resident macrophages toward M1-like is involved in enhancement of inflammatory responses induced by secondary necrotic neutrophils in aged mice. Cell. Immunol. 304–305, 44–48 (2016)
  9. Yamauchi, H., Miura, S., Owada, T., Saitoh, S.I., Machii, H., Yamada, S., Ishigami, A., Takeishi, Y. : Senescence marker protein-30 deficiency impairs angiogenesis under ischemia (Brief title: SMP30 and angiogenesis under ischemia). Free Radic. Biol. Med. 94, 66-73 (2016)
  10. Takahashi, K., Takisawa, S., Shimokado, K., Kono, N., Arai, H., Ishigami, A. : Age-related changes of vitamin E: α-tocopherol levels in plasma and various tissues of mice and hepatic α-tocopherol transfer protein. Eur. J. Nutr. (2016) (in press)
  11. Takahashi, R., Totsuka, S., Ishigami, A., Kobayashi, Y, Nagata, K. : Attenuated phagocytosis of secondary necrotic neutrophils by macrophages in aged and SMP30 knockout mice. Geriatr. Gerontol. Int. 16, 135-142 (2016)
  12. Kondo, Y., Ishigami, A. : (REVIEW ARTICLE) Involvement of senescence marker protein-30 in glucose metabolism disorder and nonalchoholic fatty liver disease. Geriatr. Gerontol. Int. 16 (Suppl. 1) 4-16 (2015)
  13. Umeda, N., Matsumoto, I., Kawaguchi, H., Kurashima, Y., Kondo, Y., Tsuboi, H., Ogishima, H., Suzuki, T., Kagami, Y., Sakyu, T., Ishigami, A., Maruyama, N., Sumida, T. : Prevalence of soluble peptidylarginine deiminase 4 (PAD4) and anti-PAD4 antibodies in autoimmune diseases. Clin. Rheumatol. 35, 1181-1188 (2016)

総説および解説

  1. 石神昭人 : 高容量ビタミンCと大腸ガン. ビタミン 90: 129-131 (2016)
  2. 石神昭人 : ビタミンCと老化.日本医師会雑誌 144: 2224 (2016)

講演会、シンポジウム

  1. 石神昭人 : ビタミンCと生活習慣病. 第14回日本機能性食品医用学会総会 シンポジウム, 東京, 2016.12.11
  2. 石神昭人 : ビタミンCの基礎研究から臨床応用に向けて. 癌・炎症と抗酸化研究会(CIA研究会) 特別講演, 大分, 2016.11.26

国際学会

  1. Ishigami, A. : Citrullinated glial fibrillary acidic protein in Alzheimer’s diseased brains. 2016 Spring International Conference of the Korean Society for Gerontology and the 15th Korea-Japan Gerontologist Joint Meeting, Hotel Laonzena, Convention Hall, Daegu, Korea, 2016.6.15-17
  2. .Kondo Y, Kasahara Y, Ishigami A. : SMP30/SOD1-double knockout mice manifest increased oxidative stress, hepatic steatosis, and premature death. The American Aging Association's 45st Annual Meeting, Seattle, WA, USA, 2016.6.2-5
  3. Amano A, Kondo Y, Kasahara Y, Ishigami A. : Disruption of Cyp19 gene leads to hepatic steatosis in male aromatase-knockout mice. The American Aging Association's 45st Annual Meeting, Seattle, WA, USA, 2016.6.2-5
  4. .Ishigami, A. : Abnormal protein citrullination in Alzheimer’s disease. 11th Asia-Pacific Microscopy Conference (APMC11) INVITED SYMPOSIUM: A-8 Cognitive Science, Phuket Graceland Resort and Spa, Phuket, Thailand, 2016.5.23-27(招待講演)

国内学会

  1. 高橋経太、柳井修一、下門顕太郎、石神昭人 : コーヒーの摂取が老化に及ぼす影響. 第70回日本栄養・食糧学会, 武庫川女子大学中央キャンパス, 神戸, 2016.5.13-15
  2. 天野晶子、近藤嘉高、石神昭人 : シトルリン化タンパク質を検出する臨床検査試薬の開発. TOBIRA第5回研究交流フォーラム, ソラシティカンファレンスセンター内ソラシティホール, 東京, 2016.5.23
  3. 近藤嘉高、増冨裕文、野田義博、小澤裕介、高橋経太、半田節子、丸山直記、清水孝彦、石神昭人 : ダブルノックアウトマウスは酸化ストレスが増加して脂肪肝を呈する. 日本基礎老化学会第39回大会, 神奈川県伊勢原市民文化会館(小ホール), 神奈川, 2016.5.27-28
  4. 天野晶子、近藤嘉高、野田義博、町田修一、尾林博、石神昭人 : エストロゲン合成酵素であるアロマターゼ(Cyp19)の遺伝子欠損による脂質代謝への影響. 日本基礎老化学会第39回大会, 神奈川県伊勢原市民文化会館(小ホール), 神奈川, 2016.5.27-28
  5. 河島早紀、永田喜三郎、吉田雅幸、斉藤紀克、大澤肇、栗田克己、石神昭人 : 経皮吸収したビタミンCによる紫外線(UVB)細胞傷害の抑制効果. 日本ビタミン学会第68回大会, 富山国際会議場, 富山, 2016.6.17-18
  6. 國村有弓、岩田衣世、石神昭人、小澤一史 : 雌雄ラットの加齢に伴うLHパルス分泌機構の変化. 第33回内分泌代謝学サマーセミナー, 柳川藩主立花邸 御花, 福岡, 2016.7.9-11
  7. 丸岡弘、金村尚彦、国分貴徳、田中健一、村田健児、松本純一、善田聡史、石神昭人 : 虚血モデルマウスにおける血管新生から見た運動やビタミンC 摂取の影響. 第22回日本心臓リハビリテーション学会学術集会, 東京国際フォーラム, 東京, 2016.7.16-17
  8. Masutomi, H., Kawashima, S., Shimokado, K., Ishigami, A. : Dibutyryl-cAMP induced PAD expressions via PKA pathway in human astrocytoma U-251MG cells. 第39回日本神経科学大会、パシフィコ横浜, 神奈川, 2016.7.20-22
  9. 第二回日本筋学会学術集会, 国立研究開発法人国立精神・神経医療研究センター, 東京, 2016.8.5-6
  10. 若命浩二、小松健一、石神昭人、増冨裕文、荘厳哲哉、小林沙織 : ビタミンC合成不全マウスを用いたサンタベリーの内臓及び皮膚に対する機能障害の予防効果. 第5回「エビデンスに基づく統合医療研究会[eBIM研究会], リーガロイヤルNCB(中之島センタービル), 大阪, 2016.9.3-4
  11. 國村有弓、岩田衣世、石神昭人、小澤一史 : 雌雄ラットにおけるLHパルス分泌機構の加齢変化. 第109回日本繁殖生物学会大会. 麻布大学, 神奈川, 2016.9.12-15
  12. 近藤嘉高、石神昭人 : SOD1欠損とアスコルビン酸不足が脂質代謝に及ぼす影響. フォーラム:加齢性疾患とスーパーオキシドジスムターゼ(SOD)第89回日本生化学会大会, 仙台国際センター/東北大学川内北キャンパス, 仙台, 2016.9.25-27
  13. 天野晶子、近藤嘉高、野田義博、町田修一、尾林博、石神昭人 : アロマターゼノックアウトマウスを用いたエストロゲン欠乏が肝臓での脂質代謝に及ぼす影響. 第89回日本生化学会大会, 仙台国際センター/東北大学川内北キャンパス, 仙台, 2016.9.25-27
  14. 河島早紀、永田喜三郎、佐藤安則、吉田雅幸、石神昭人 : ヒト培養表皮を用いた紫外線照射による細胞傷害に対するビタミンCの効果. 第89回日本生化学会大会, 仙台国際センター/東北大学川内北キャンパス, 仙台, 2016.9.25-27
  15. 成田昂平、近藤嘉高、増冨裕文、吉田雅幸、石神昭人 : マウス骨格筋でのぺプチジルアルギニンデイミナーゼ2(PAD2)の局在性. 第89回日本生化学会大会, 仙台国際センター/東北大学川内北キャンパス, 仙台, 2016.9.25-27
  16. 滝沢晶子、天野晶子、町田修一、相垣敏郎、石神昭人 : ビタミンC合成不全マウスを用いたビタミンCの欠乏が骨格筋に及ぼす影響. 第89回日本生化学会大会, 仙台国際センター/東北大学川内北キャンパス, 仙台, 2016.9.25-27
  17. 國村有弓、岩田衣世、石神昭人、小澤一史 : 雌雄ラットにおける加齢によるLHパルス分泌機構の変化. 第43回日本神経内分泌学会学術集会, アクトシティ浜松 コングレスセンター, 浜松, 2016.10.14-15
  18. 石神昭人、河島早紀 : ヒト培養表皮を用いた紫外線傷害に対するビタミンCの効果. 第151回ビタミンC研究委員会, お茶の水女子大学, 東京, 2016.10.29
  19. 滝沢晶子、相垣敏郎、石神昭人 : ビタミンCの欠乏が骨格筋に及ぼす影響. 首都大バイオコンファレンス2016, 首都大学東京, 東京, 2016.11.18
  20. 近藤嘉高、成田昂平、石神昭人 : 新規に開発した抗化学修飾シトルリン化モノクローナル抗体を用いた脳におけるシトルリン化タンパク質の検出. 第39回 日本分子生物学会年会, パシフィコ横浜, 横浜, 2016.11.30-12.2
  21. 河島早紀、永田喜三郎、佐藤安訓、吉田雅幸、石神昭人 : ヒト培養表皮を用いた紫外線照射によるビタミンCの細胞傷害抑制効果. 第39回 日本分子生物学会年会, パシフィコ横浜, 横浜, 2016.11.30-12.2
  22. 成田昂平、近藤嘉高、増冨裕文、吉田雅幸、石神昭人 : マウス骨格筋におけるペプチジルアルギニンデイミナーゼ2(PAD2)の生化学的解析. 第39回 日本分子生物学会年会, パシフィコ横浜, 横浜, 2016.11.30-12.2
  23. 増冨裕文、若命浩二、中田章史、佐藤恵亮、小松健一、内山博允、長島孝行、滝野有花、石神昭人 : RNA-seq解析によるビタミンCの不足が毛周期に与える影響. 第20回バイオ治療法研究会学術集会, 電気ビル 共創館 みらいホール&カンファレンス, 福岡, 2016.12.10