HOME/ビタミンCの真実

研究実績 INDEX
2017 / 2016 / 2015 / 2014 / 2013 / 2012 / 2011 / 2010 / 2009 / 2008 / 2007 / 2006 / 2005 / 2004 / 2003 / 2002 / 2001 /

2014年 研究実績一覧

原著

  1. Shinozaki, S., Chang, K., Sakai, M., Shimizu, N., Yamada, M., Tanaka, T., Nakazawa, H., Ichinose, F., Yamada, Y., Ishigami, A., Ito, H., Ouchi, Y., Starr, M.E., Saito, H., Shimokado, K., Stamler, J.S., Kaneki, M. : Inflammatory stimuli induce inhibitory S-nitrosylation of the deacetylase SIRT1 to increase acetylation and activation of p53 and p65. Sci. Signal. 7, ra106 (2014)
  2. Kondo, Y., Sakuma, R., Ichisawa, M., Ishihara, K., Kubo, M., Handa, S., Mugita, H., Maruyama, N., Koga, H., Ishigami, A. : Potato chip intake increases ascorbic acid levels and decreases reactive oxygen species in SMP30/GNL knockout mouse tissues. J. Agric. Food Chem. 62, 9286-9295 (2014)
  3. Kondo, Y., Masutomi, H., Noda, Y., Ozawa, Y., Takahashi, K., Handa, S., Maruyama, N., Shimizu, T., Ishigami, A. : Senescence marker protein-30/superoxide dismutase 1 double knockout mice exhibit increased oxidative stress and hepatic steatosis. FEBS Open Bio. 4 522–532 (2014)
  4. Takahashi, K., Kishimoto, Y., Konishi, T., Fujita, Y., Ito, M., Shimokado, K., Maruyama, N., Ishigami, A. : Ascorbic acid deficiency affects genes for oxidation-reduction and lipid metabolism in livers from SMP30/GNL knockout mice. Biochim. Biophys. Acta. 7, 2289–2298 (2014)
  5. Hamano, Y., Abe, M., Matsuoka, S., Zhang, D., Kondo, Y., Kagami, Y., Ishigami, A., Maruyama, N., Tsuruta, Y., Yumura, W., Suzuki, K. : Susceptibility QTLs for pathogenic leukocytosis in SCG/Kj mice, a spontaneously occurring crescentic glomerulonephritis and vasculitis model. Clin. Exp. Immunol. 177, 353-365 (2014)
  6. Koike, K., Ishigami, A., Sato, Y., Hirai, T., Yuan, Y., Kobayashi, E., Tobino, K., Sato, T., Sekiya, M., Takahashi, K., Fukuchi, Y., Maruyama, N., Seyama, K.Vitamin C Prevents Cigarette Smoke-Induced Pulmonary Emphysema in Mice and Provides Pulmonary Restoration. Am. J. Respir. Cell Mol. Biol. 50 347-357 (2014)
  7. Amano, A., Tsunoda, M., Aigaki, T., Maruyama, N., Ishigami, A. : Effect of ascorbic acid deficiency on catecholamine synthesis in adrenal glands of SMP30/GNL knockout mice. Eur. J. Nutr. 53, 177-185 (2014)
  8. Sato, Y., Amano, A., Kishimoto, Y., Takahashi, K., Handa, S., Maruyama, N., Ishigami, A. : Ascorbic acid prevents protein oxidation in livers of SMP30/GNL knockout mice. Geriatr. Gerontol. Int. 14, 989-95 (2014)

総説および解説

  1. 石神昭人 : ビタミンC トランスポーター研究の現状と展望. ビタミン 88: 555-559 (2014)
  2. 石神昭人 : シトルリン化分子と老年病. 日本老年医学会誌 51: 314-320 (2014)
  3. 山本憲朗、石神昭人 : 生体における鉄の吸収動態とビタミンC の関係. ビタミン 88: 297-304 (2014)
  4. 岸本祐樹、石神昭人 : ビタミンCによるエピジェネティクスの制御. ビタミン 88: 40-43 (2014)

著書

  1. 石神昭人(監修)、中野展子(著者): 老いの話題辞典 東京堂出版 (2014)
  2. 石神昭人、岸本祐樹、丸山直記: 15章 抗酸化物質・抗酸化酵素『老化の生物学 その分子メカニズムから寿命延長まで(石井直明・丸山直記 編)』化学同人 pp.253-272 (2014)
  3. 後藤佐多良、石神昭人: 第6章タンパク質と老化『老化の生物学 その分子メカニズムから寿命延長まで(石井直明・丸山直記 編)』化学同人 pp.100-114 (2014)
  4. 石神昭人: Chapter16 ビタミンC,『最新栄養学 第10版』建帛社 (2014)
  5. 石神昭人: 第11章 皮膚老化とビタミンC;” 美肌科学の最前線”シーエムシー出版, pp.88-95 (2014)
  6. Saito, K., Hosoi, E., Ishigami, A., Yokoyama, T. : Vitamin C and Physical Performance in the Elderly. In: Ageing:Oxidative Stress and Dietary Antioxidants, Victor R Preedy (Eds.), Elsevier, pp.119-127 (2014)
  7. Ishigami, A. Choi, E.K., Kim, Y.S., Maruyama, N. : Deimination in Alzheimer’s Disease. In: Protein Deimination in Human Health and Disease. Nicholas, Anthony; Bhattacharya, Sanjoy (Eds.), Springer, pp.237-255 (2014)
  8. Choi, E.K., Jang, B., Ishigami, A., Maruyama, N., Carp, R.I.,Kim, Y.K. : Deimination in Prion Diseases. In: Protein Deimination in Human Health and Disease. Nicholas, Anthony; Bhattacharya, Sanjoy (Eds.), Springer, pp.219-235 (2014)

講演会、シンポジウム

  1. 石神昭人 : ビタミンCで健康長寿、老化のスピードを遅らせる. 平成26年度 日本ビタミン学会市民公開講座, 松山, 2014.11.29
  2. 石神昭人 : 女性の高齢期におけるビタミンCの必要性. 第29回日本女性医学学会学術集会 ワークショップ「女性医学における食・栄養の果たす役割」, 東京, 2014.11.1
  3. 石神昭人 : ビタミンCトランスポーター研究の現状と展望. 日本ビタミン学会第66回大会 シンポジウム1「ビタミン・バイオファクタートランスポーター研究の最前線」, 姫路, 2014.6.14
  4. 石神昭人、近藤嘉高 : 脂質代謝異常と加齢指標タンパク質30(SMP30). 第14回日本抗加齢医学会総会 シンポジウムS23「アンチエイジングに必須な糖・脂質管理とは」, 大阪, 2014.6.7
  5. 石神昭人 : PADI4測定系の確立と臨床応用. 第58回日本リウマチ学会総会・学術集会 シンポジウム4「シトルリン化と自己免疫(リウマチ性疾患)」, 東京, 2014.4.24
  6. 石神昭人 : ビタミンCと老化. 第16回 抗加齢歯科医学研究会主催講習会, 東京, 2014.4.6
  7. 近藤嘉高、石神昭人 : アスコルビン酸による光老化予防. 太陽紫外線防御研究委員会 第24回シンポジウム, 大阪, 2014.3.7

国際学会

  1. Tsubota, M. Uebo, K., Miki, K., Sekiguchi, F., Kondo, Y., Takahashi, K., Masutomi, H., Ishigami, A., Kawabata, A. : Ascorbic acid deficiency augments hyperalgesia induced by hydrogen sulfide in mice. The third international meeting on Hydrogen Sulfide Biology and its biomedical effects (H2S2014), Kyoto, Japan, 2014.6.4-6
  2. Takahashi, K., Kasahara, Y., Shimokado, K., Maruyama, N., Ishigami, A. : Vitamin E levels in various tissues of mice during aging. The American Aging Association's 43nd Annual Meeting, San Antonio, Texas, USA, 2014.5.30-6.2

国内学会

  1. 石神昭人、小池建吾、高橋和久、丸山直記、瀬山邦明 : ビタミンCは慢性閉塞性肺疾患(COPD)を予防し、壊れた肺胞を再生する. 第134回日本薬学会, 熊本, 2014.3.28-30
  2. 佐藤安訓、岸本祐樹、丸山直記、石神昭人 : ビタミンC欠乏は表皮萎縮とUVB照射による色素沈着を引き起こす. 第134回日本薬学会, 熊本, 2014.3.28-30
  3. 瀧川正紀、増冨裕文、岸本祐樹、濱野慶朋、石井敏浩、丸山直記、森淑子、石神昭人 : マウスでのバンコマイシンによる薬剤性腎障害の生化学的、病理学的解析. 第134回日本薬学会, 熊本, 2014.3.28-30
  4. 丸岡弘、松本純一、金村尚彦、木戸聡史、井上和久、石神昭人 : 虚血モデルマウスにおける血管新生や酸化ストレスから見た運動やビタミンC摂取の影響. 第48回日本理学療法学術大会, 名古屋, 2014.5.24-26
  5. 小泉美和子、近藤嘉高、伊坂亜友美、石神昭人、鈴木恵美子 : ビタミンC 生合成不全マウスにおける社会的環境の違いによるストレス応答の差異. 第68回日本栄養・食糧学会, 札幌, 2014.5.30-6.1
  6. 小泉美和子、近藤嘉高、伊坂亜友美、石神昭人、鈴木恵美子 : 社会的環境において惹起される抑うつ様行動に対するビタミンCの働き. 日本ビタミン学会第66回大会, 姫路, 2014.6.13-14
  7. 上坊健太、三木好輝、坪田真帆、関口富美子、近藤嘉高、高橋経太、増富裕文、石神昭人、川畑篤史 : Cav3.2 T型Ca2+チャネルを阻害するascorbic acidの欠乏は硫化水素による体性痛・内臓痛およびpaclitaxel誘起神経障害性疼痛を増強する. 第125回日本薬理学会近畿部会, 岡山, 2014.6.20
  8. 増冨裕文、下門顕太郎、丸山直記、石神昭人 : マウス肝臓における加齢指標タンパク質30(SMP30)の組織学的加齢変化. 第37回日本基礎老化学会大会, 名古屋, 2014. 6. 26-27
  9. 高橋経太、下門顕太郎、丸山直記、石神昭人 : マウスの様々な組織でのα-トコフェロール量の加齢変化. 第37回日本基礎老化学会大会, 名古屋, 2014. 6. 26-27
  10. 小泉美和子、近藤嘉高、伊坂亜友美、石神昭人、鈴木恵美子 : ストレス調節におけるビタミンCの働き. 第144回ビタミンC研究委員会, 東京, 2014.7.12
  11. 石神昭人、丸山直記、佐藤匡、瀬山邦明、高橋和久 : 喫煙によるCOPD発症機構の解明及びビタミンCによる予防、治療効果の検証. 第29回喫煙科学研究財団発表会. 東京, 2014.7.15 (2014)
  12. 増冨裕文、下門顕太郎、丸山直記、石神昭人 : ヒトグリオーマ細胞株U-251MG細胞におけるcAMPによるPAD2の誘導. 第87回日本生化学会大会, 京都, 2014.10.15-18
  13. 建部順子、石神昭人、盛田俊介 : ビタミンCの不足はインドキシル硫酸による血管の障害を増強する. 第37回日本高血圧学会総会, 横浜, 2014.10.17-19
  14. 加賀美弥生、丸山直記、石神昭人 : シトルリン化タンパク質特異的モノクローナル抗体の作製と特異性の解析. 第37回 日本分子生物学会年会, 横浜, 2014.11.25-27
  15. 増冨裕文、下門顕太郎、石神昭人 : ヒトグリオーマ細胞株U-251MG細胞でのPAD2誘導に伴うシトルリン化タンパク質の増加. 第37回 日本分子生物学会年会, 横浜, 2014.11.25-27
  16. 建部順子、石神昭人、盛田俊介 : ビタミンCはインドキシル硫酸による血管障害に有効である. 脳心血管抗加齢研究会2014, 大阪, 2014.12.6-7
  17. 松本純一、金村尚彦、村田健児、石神昭人、丸岡弘 : マウス下肢虚血の運動が酸化ストレスと血管新生因子に与える影響. 第23回埼玉県理学療法学会, 大宮, 2014.12.7