HOME/ビタミンCの真実

研究実績 INDEX
2017 / 2016 / 2015 / 2014 / 2013 / 2012 / 2011 / 2010 / 2009 / 2008 / 2007 / 2006 / 2005 / 2004 / 2003 / 2002 / 2001 /

2011年 研究実績一覧

原著

  1. Fukui, M., Senmaru, T., Hasegawa, G., Yamazaki, M., Asano, M., Kagami, Y., Ishigami, A., Maruyama, N., Iwasa, K., Kitawaki, J., Itoh, Y., Okanoue, T., Ohta, M., Obayashi, H., Nakamura, N.: 17beta-Estradiol attenuates saturated fatty acid diet-induced liver injury in ovariectomized mice by up-regulating hepatic senescence marker protein-30. Biochem Biophys Res Commun 415: 252-257 (2011)
  2. Uchida, E., Kondo, Y., Amano, A., Aizawa, S., Hanamura, T., Aoki, H., Nagamine, K., Koizumi, T., Maruyama, N., Ishigami, A.: Absorption and excretion of ascorbic acid alone and in acerola (Malpighia emarginata) juice: comparison in healthy Japanese subjects. Biol Pharm Bull 34: 1744-1747 (2011)
  3. Amano, A., Handa, S., Aigaki, T., Shigemoto, K., Maruyama, N., Ishigami, A.: Establishment and characterization of hepatocytes from an Immortomouse/SMP30/GNL knockout mouse hybrid lacking vitamin C to study vitamin C transport. J Biochem 150: 671-678 (2011)
  4. Coudane, F., Mechin, M.C., Huchenq, A., Henry, J., Nachat, R., Ishigami, A., Adoue, V., Sebbag, M., Serre, G., Simon, M.: Deimination and expression of peptidylarginine deiminases during cutaneous wound healing in mice. Eur J Dermatol 21: 376-384 (2011)
  5. Jang, B., Shin, H.Y., Choi, J.K., Nguyen du, P.T., Jeong, B.H., Ishigami, A., Maruyama, N., Carp, R.I., Kim, Y.S., Choi, E.K.: Subcellular localization of peptidylarginine deiminase 2 and citrullinated proteins in brains of scrapie-infected mice: nuclear localization of PAD2 and membrane fraction-enriched citrullinated proteins. J Neuropathol Exp Neurol 70: 116-124 (2011)
  6. Iwama, M., Shimokado, K., Maruyama, N., Ishigami, A.: Time course of vitamin C distribution and absorption after oral administration in SMP30/GNL knockout mice. Nutrition 27: 471-478 (2011)

総説および解説

  1. 丸山直記、石神昭人: 基礎老化学による老年歯科医学への貢献. 老年歯科医学26: 286-290 (2011)
  2. 岩間水輝、下門顕太郎、丸山直記、石神昭人: SMP30/GNLノックアウトマウスを用いた経口摂取によるビタミンCの血液、尿、組織への移行速度および移行量の解析. ビタミン 85: 601-603 (2011)
  3. 岸本祐樹、石神昭人: ビタミンCの排出機構はいつ解明されるのか?. ビタミン 85: 560-562 (2011)
  4. 相澤真悟、石神昭人: 骨の恒常性維持におけるビタミンCの役割. ビタミン 85: 496-498 (2011)
  5. 石神昭人: 災害時におけるビタミンCの不足と摂取の必要性. ビタミン 85: 400-404 (2011)

著書

  1. 石神昭人: ビタミンCの事典 東京堂出版 (2011)(単著)
  2. 石神昭人: ビタミンC誘導体の開発;”ビタミンの科学と最新応用技術” シーエムシー出版, pp. 92-99 (2011)

講演会、シンポジウム

  1. 石神昭人 : ビタミンC不足と寿命との関係. 平成23年度「ビタミンの日」記念講演会, 日本バイオファクター協会, 東京, 2011.12.10
  2. 石神昭人 : 市民国際 シンポジウム「みんなで考えよう! 災害時の栄養と健康」. 兵庫県立大学、宮城大学主催, 仙台, 2011.11.26
  3. 石神昭人 : 健康のための匙加減 ~クスリはリスク~ 「創薬は楽じゃない」. 第118回老年学公開講座 講演 東京都老人総合研究所, 東京, 2011.11.16
  4. 石神昭人 : ビタミンCと老化、老化制御研究. 首都大学東京 バイオコンファレンス2011, 東京, 2011.11.11
  5. 石神昭人 : ビタミンCと老化、老化関連疾患. 第33回 日本基礎老化学会シンポジウム 日本の基礎老化研究の現状と展望, 千葉, 2011.10.08
  6. 石神昭人 : 特別シンポジウム「これからの基礎老化研究を考える」. 第34回日本基礎老化学会大会, 東京, 2011.6.15-17
  7. 石神昭人 : ビタミンC の体内動態とその抗酸化能力. 第65回日本栄養・食糧学会大会 シンポジウム「微量栄養素と生体機能との相互作用」, 東京, 2011.5.14

 

国際学会

  1. Sakuma,R., Kondo, Y., Ichisawa, M., Ishihara, K., Kubo, M., Ohashi, M., Handa, S., Mugita, H., Maruyama, N., Koga, H., Ishigami, A. : Evaluation of antioxidant activity of Olive Oil Potato Chips after oral administration in vitamin C-deficient SMP30/GNL knockout mice. International Society for Nutraceuticals and Functional Foods (ISNFF), Sapporo, 2011.11.14-17.
  2. Suzuki, H., Matsuyama, A., Nakakoshi, M., Okuno, Y., Ishigami, A., Okuno, H., Yokoyama, Y. : Development of Amyloid-β Aggregation/fibril formation Inhibitor for Therapeutic Agents of Alzheimer's Disease. 8th AFMC International Medicinal Chemistry Symposium "Frontier of Medicinal Science" (AIMECS11), Tokyo, 2011.11.29-12.2.
  3. Amano, A., Tsunoda, M., Aigaki, T., Maruyama, N., Ishigami, A. : Effect of vitamin C deficiency on noradrenaline synthesis. The 9th Asia/Oceania Regional Congress of Gerontology, Melbourne, Australia,2011.10.23-27.
  4. Ishigami, A. : Recent Progress of SMP30 Research - Shortage of Vitamin C Accelerates Aging -. Stem Cell Therapeutic Research Institute, Kyungpook National University, Daegu City, Korea, 2011.7.9(招待講演)
  5. Senmaru, T., Hasegawa, G., Ishigami, A., Kondo, Y., Okada, H., Asano, M., Yamazaki, M., Fukui, M., Nakamura, N. : Insulin Release from Pancreatic Islet in Vitamin C-Deficient Senescence Marker Protein-30/Gluconolactonase Knockout Mice. 71th annual meeting and scientific sessions of American Diabetes Association, SanDiego, USA. 2011.6. 24-28.

国内学会

  1. 鈴木英治、今井雅之、松山明弘、奥野友哉梨、中越雅道、石神昭人、氷川英正、横山祐作 : アルツハイマー病治療薬を指向したアミロイドベータ凝集阻害剤の開発:アリールベンゾフラン誘導体. 第131回日本薬学会, 静岡, 2011.3.28-31
  2. 近藤嘉高、加賀美弥生、半田節子、石神昭人、丸山直記: ビタミンC欠乏マウスにおける活性酸素種は増加する. 第65回日本栄養・食糧学会, 東京, 2011.5.13-15
  3. 千丸貴史、長谷川剛二、石神昭人、近藤嘉高、尾林博、岡田博史、浅野麻衣、山崎真裕、福井道明、中村直登: ビタミンCのインスリン分泌における役割:SMP30/GNLノックアウトマウスを用いての検討. 第54回日本糖尿病学会年次学術集会, 札幌, 2011.5.19-21
  4. 岩間水輝、野田義博、清水孝彦、近藤嘉高、丸山直記、石神昭人 : Smp30/Sod1ダブルノックアウトマウスにおける肝臓の組織学的解析. 日本ビタミン学会第63回大会, 広島, 2011.6.11-12
  5. 天野晶子、角田誠、相垣敏郎、丸山直記、石神昭人 : ビタミンC欠乏がカテコールアミン生合成系に及ぼす影響. 日本ビタミン学会第63回大会, 広島, 2011.6.11-12
  6. 相澤真悟、千田美紀、相垣敏郎、丸山直記、石神昭人、千田俊哉 : ヒトSMP30のX線結晶構造解析. 第11回日本蛋白質科学会年会, 大阪, 2011.6.7-9
  7. 石神昭人 : ビタミンC不足による表皮の委縮:ビタミンC合成不全SMP30/GNL遺伝子破壊ヘアレスマウスを用いた解析. 第36回日本香粧品学会, 東京, 2011.6.7.9-10
  8. 天野晶子, 角田誠, 相垣敏郎, 丸山直記, 石神昭人 : SMP30/GNLノックアウトマウスを用いたカテコールアミン生合成系に及ぼすビタミンC欠乏の影響. 第34回日本基礎老化学会大会, 東京, 2011. 6. 15-17
  9. 石神昭人、相澤真悟、千田美紀、相垣敏郎、丸山直記、千田俊哉 : ヒトでの1回摂取によるビタミンCの血中移行、尿中排泄の検討. 第135回ビタミンC研究委員会, 島根, 2011.9.2
  10. 丸山直記、石神昭人 : 老化・老年学による他研究領域への貢献. 第9回次世代を担う若手のためのフィジカル・ファーマフォーラム(PPF)2011, 箱根, 20110912-13
  11. 岩間水輝、野田義博、清水孝彦、丸山直記、石神昭人 : SMP30&SOD1ダブルノックアウトマウスの病理学的解析. 第33回日本基礎老化学会シンポジウム, 千葉,2011. 10. 08
  12. 浜口亜也、福澤翔太、石神昭人、長濱辰文 : アメフラシのアミロイドベータ様物質の老化に伴う中枢への沈着と分布の変化. 第55回日本薬学会関東支部大会, 千葉,2011.10.08
  13. 佐々木香織、佐藤忠章、石神昭人、村上志緒、林真一郎、小池一男 : 皮膚線維芽細胞を用いた半定量的コラーゲンタンパク質測定. 第55回日本薬学会関東支部大会, 千葉, 2011.10.08
  14. 石神昭人 : 【速報】ビタミンCが関与する遺伝子群の解析. 第136回ビタミンC研究委員会, 東京, 2011.11.19
  15. 加賀美弥生、石神昭人、丸山直記 : マウス卵巣におけるSMP30の発現と調節機構. 第34回日本分子生物学会年会, 横浜, 2011.12.12-16
  16. 相澤真悟、千田美紀、相垣敏郎、丸山直記、千田俊哉、石神昭人 : ヒト及びマウスSMP30/GNLのX線結晶構造解析とデヒドロアスコルビン酸分解活性. 第34回日本分子生物学会年会, 横浜, 2011.12.12-16
  17. 岸本祐樹、金井孝夫、下門健太郎、丸山直記、石神昭人 : ビタミンC合成不全SMP30/GNL遺伝子破壊マウスを用いた妊娠、出産時のビタミンC不足が新生児に与える影響. 第34回日本分子生物学会年会, 横浜, 2011.12.12-16