HOME/ビタミンCの真実

研究実績 INDEX
2017 / 2016 / 2015 / 2014 / 2013 / 2012 / 2011 / 2010 / 2009 / 2008 / 2007 / 2006 / 2005 / 2004 / 2003 / 2002 / 2001 /

2007年 研究実績一覧

原著

  1. Asaga, H., Ishigami, A.: Microglial expression of peptidylarginine deiminase 2 in the prenatal rat brain. Cell Mol. Biol. Lett. 12: 536-544 (2007)
  2. Ishigami, A., Maruyama, N.: Significance of SMP30 in gerontology. Geriatr. Gerontol. Int. 7: 316-325 (2007)

総説および解説

  1. 石神昭人 : ビタミンCの不足が老化に及ぼす影響.ビタミン 81, 303-308 (2007)
  2. 佐藤匡、瀬山邦明、石神昭人、丸山直記 : 肺の老化メカニズム.THE LUNG perspectives 15, 155-160 (2007)

講演会、シンポジウム

  1. 石神昭人 : 加齢指標タンパク質SMP30欠損による糖代謝、脂質代謝、酸化ストレスへの影響. 糖尿病と脂質代謝研究会 講演, 京都, 2007.12.6
  2. 石神昭人 : 老年学最新セミナー ビタミン摂って老化予防. 介護予防主任運動指導員フォローアップ研修 講演, 東京, 2007.11.5
  3. 石神昭人 : ビタミンCの不足で老化が進む?. 第3回放射薬学研究発表会 教育講演, 東京, 2007.9.8
  4. 石神昭人 : ビタミンCの不足で老化が促進する?. 老化促進モデルマウス(SAM)研究協議会第22回研究発表会 シンポジウム「ヒトからSAMへ:食生活と老化」 講演, 山形・酒田, 2007.7.26
  5. 石神昭人 : 老年学最新セミナー ビタミン摂って老化予防. 介護予防主任運動指導員フォローアップ研修 講演, 東京, 2007.7.6
  6. 石神昭人 : Vitamin C deficiency accelerates aging. - 後藤佐多良教授退職記念シンポジウム - BIOMEDICAL GERONTOLOGY AND HEALTH SCIENCE Current Status and Future Perspectives 講演, 東京, 2007.3.31

国際学会

  1. Ishigami, A. (Chairman) : Modulation of oxidative stress in ageing (Symposium). Vitamin C deficiency accelerates aging. The 8th Asia/Oceania Regional Congress of Gerontology, Beijing, China, 2007.10.22-25(招待講演)
  2. Ishigami, A. : SMP30 knockout and oxidative stress. The 9th International Symposium on Vascular Aging : Radiation and Hormesis, Busan, Korea, 2007.8.2(招待講演)

国内学会

  1. 石神昭人、佐藤安訓、近藤嘉高、古澤元、天野晶子、島田信子、福田貢、半田節子、久保幸穂、丸山直記 : ビタミンC不足は老化を加速. 第127回日本薬学会, 富山, 2007.3.28-30
  2. 大須賀悠子、鈴木英治、半田節子、石神昭人、奥野洋明 : 新規Aβ凝集阻害剤の合成および評価 ~ベンゾフラン誘導体 1~. 第127回日本薬学会, 富山, 2007.3.28-30
  3. 齊藤康太、鈴木英治、半田節子、石神昭人、奥野洋明 : 新規Aβ凝集阻害剤の合成と評価 ~ベンゾフラン誘導体 2~. 第127回日本薬学会, 富山, 2007.3.28-30
  4. 折本亜弥子、鈴木英治、半田節子、石神昭人、奥野洋明 : 新規Aβ凝集阻害剤の合成および評価~スチルベン誘導体~. 第127回日本薬学会, 富山, 2007.3.28-30
  5. 石神昭人: ビタミンCが足りないと老化が進む. ハイライト 第127回日本薬学会, 富山, 2007.3.28-30
  6. 石神昭人、佐藤匡、佐藤安訓、近藤嘉高、瀬山邦明、丸山直記 : ビタミンCの不足は慢性閉塞性肺疾患(COPD)発症リスクを高める. 第61回日本栄養・食糧学会, 京都, 2007.5.17-20
  7. 近藤嘉高、佐藤安訓、井内陽子、錦見盛光、丸山直記、石神昭人 : ビタミンCの不足は老化を加速する. 第61回日本栄養・食糧学会, 京都, 2007.5.17-20
  8. 石神昭人、佐藤匡、佐藤安訓、近藤嘉高、瀬山邦明、丸山直記 : ビタミンC不足は慢性閉塞性肺疾患の発症リスクを高める. 第59回日本ビタミン学会, 長崎, 2007.5.24-25
  9. 近藤嘉高、井内陽子、岩佐嘉洋、島田信子、福田貢、下門顕太郎、錦見盛光、丸山直記、石神昭人 : グルコノラクトナーゼ活性は加齢で低下する. 第59回日本ビタミン学会, 長崎, 2007.5.24-25
  10. 天野晶子、近藤嘉高、佐藤安訓、町田武生、相垣敏郎、丸山直記、石神昭人 : SMP30ノックアウトマウスを用いたビタミンC抗酸化能力の検討. 第30回日本基礎老化学会, 札幌, 2007.6.20-22
  11. 北島紀子、佐藤匡、佐藤安訓、瀬山邦明、後藤佐多良、丸山直記、石神昭人 : ビタミンC不足は喫煙による慢性閉塞性肺疾患(COPD)発症リスクを高める. 第30回日本基礎老化学会, 札幌, 2007.6.20-22
  12. 古澤元、後藤佐多良、高橋良哉、田中康一、丸山直記、石神昭人 : カルニチン合成へのビタミンC関与の検討. 第30回日本基礎老化学会, 札幌, 2007.6.20-22
  13. 半田節子、久保幸穂、福田貢、丸山直記、石神昭人 : デジタル老化説-マウス肝臓におけるSMP30の加齢変化-. 第30回日本基礎老化学会, 札幌, 2007.6.20-22
  14. 島田信子、朝倉(遊長)由希、半田節子、町田武生、石神昭人 : 脳におけるペプチジルアルギニンデイミナーゼ2(PAD2)の加齢変化. 第30回日本基礎老化学会, 札幌, 2007.6.20-22
  15. 上川奈都子、島田信子、石神昭人、杉本昌隆、丸山直記、丸山光生 : 細胞老化関連遺伝子TARSH/Abi3bpの発現量低下と発癌の機能的関連. 第30回日本基礎老化学会, 札幌, 2007.6.20-22
  16. Byungki Jang, Eun-A Kim, Jin-Kyu Choi, Jae-Kwang Jin, Akihito Ishigami, Naoki Maruyama, Yong-Sun Kim, Eun-Kyoung Choi : Increased accumulation of citrullinated proteins by peptidylarginine deiminase 2 (PAD2) in the mouse model of prion disease. 第30回日本基礎老化学会, 札幌, 2007.6.20-22
  17. 石神昭人、佐藤安訓、岩間水輝、天野晶子、近藤嘉高 : ヒトでの1回摂取によるビタミンCの血中移行、尿中排泄の検討. 第124回ビタミンC研究委員会, 東京, 2007.11.17
  18. 近藤嘉高、岩間水輝、佐藤安訓、古澤元、天野晶子、石神昭人 : SMP30/GNLノックアウトマウスを用いたビタミンCの1回摂取による臓器分布の検討. 第124回ビタミンC研究委員会, 東京, 2007.11.17
  19. 古澤元、佐藤安訓、近藤嘉高、後藤佐多良、高橋良哉、石神昭人 : カルニチン合成系におけるビタミンCの関与. 第124回ビタミンC研究委員会, 東京, 2007.11.17
  20. 天野晶子、近藤嘉高、佐藤安訓、町田武夫、相垣敏郎、丸山直記、石神昭人 : ビタミンC合成不全マウスを用いたin vivoビタミンC抗酸化能の検討. 第30回日本分子生物学会・第80回日本生化学会合同大会, 横浜, 2007.12.11-15
  21. 石神昭人、佐藤安訓、高橋良哉 : 慢性閉塞性肺疾患(COPD)の発症機序を探るモデルマウス(SMP30/GNL遺伝子破壊マウス)の開発. 第1回第1回次世代を担う若手医療薬科学シンポジウム, 東京, 2007.12.15-16