HOME/ビタミンCの真実

研究実績 INDEX
2017 / 2016 / 2015 / 2014 / 2013 / 2012 / 2011 / 2010 / 2009 / 2008 / 2007 / 2006 / 2005 / 2004 / 2003 / 2002 / 2001 /

2006年 研究実績一覧

原著

  1. Chiba, T., Kondo, Y., Shinozaki, S., Kaneko, E., Ishigami, A., Maruyama, N., Umezawa, K., Shimokado, K.: A selective NFkappaB inhibitor, DHMEQ, reduced atherosclerosis in ApoE-deficient mice. J. Atheroscler. Thromb. 13: 308-313 (2006)
  2. Yumura, W., Imasawa, T., Suganuma, S., Ishigami, A., Handa, S., Kubo, S., Joh, K., Maruyama, N.: Accelerated tubular cell senescence in SMP30 knockout mice. Histol. Histopathol. 21: 1151-1156 (2006)
  3. Son, T.G., Zou, Y., Jung, K.J., Yu, B.P., Ishigami, A., Maruyama, N., Lee, J.: SMP30 deficiency causes increased oxidative stress in brain. Mech. Ageing Dev. 127: 451-457 (2006)
  4. Jung, K.J., Maruyama, N., Ishigami, A., Yu, B.P., Chung, H.Y.: The redox-sensitive DNA binding sites responsible for age-related downregulation of SMP30 by ERK pathway and reversal by calorie restriction. Antioxid. Redox Signal. 8: 671-680 (2006)
  5. Sato, T., Seyama, K., Sato, Y., Mori, H., Souma, S., Akiyoshi, T., Kodama, Y., Mori, T., Goto, S., Takahashi, K., Fukuchi, Y., Maruyama, N., Ishigami, A.: Senescence marker protein-30 protects mice lungs from oxidative stress, aging, and smoking. Am. J. Respir. Crit. Care Med. 174: 530-537 (2006)
  6. Kondo, Y., Inai, Y., Sato, Y., Handa, S., Kubo, S., Shimokado, K., Goto, S., Nishikimi, M., Maruyama, N., Ishigami, A.: Senescence marker protein 30 functions as gluconolactonase in L-ascorbic acid biosynthesis, and its knockout mice are prone to scurvy. Proc. Natl. Acad. Sci. U S A 103: 5723-5728 (2006)

総説および解説

  1. 石神昭人、佐藤安訓、丸山直記 : 機能解明! SMP30はビタミンC合成に重要な酵素.基礎老化研究 30, 11-14 (2006)
  2. 石神昭人 : ビタミンCが不足すると老化が加速する -機能性食品・サプリメント評価系への応用-.特別寄稿 FOODStyle21 10, 30-33 (2006)

講演会、シンポジウム

  1. 石神昭人 : 老化予防のABC ビタミン摂るならCDE 「足りないと老化が進む!ビタミンC」. 第88回老年学公開講座 講演 東京都老人総合研究所, 東京, 2006.12.12
  2. 石神昭人 : ビタミンCで健康長寿 足りないと老化が進むビタミンC. 2006年 第10回都民健康セミナー 講演 財団法人 東洋医学国際研究財団, 東京, 2006.12.11
  3. 石神昭人 : アンチエイジングに係る食品成分の最新機能研究. 食品開発展2006記念セミナー 講演, 東京, 2006.10.4
  4. 石神昭人 : 老化予防のABC ビタミン摂るならCDE 「足りないと老化が進む!ビタミンC」. 第85回老年学公開講座 講演 東京都老人総合研究所, 東京, 2006.7.26
  5. 石神昭人 : ビタミンCと老化. 第120回ビタミンC研究委員会 特別講演, 東京, 2006.7.1
  6. 石神昭人 : 老化研究の基礎と応用. 日本機械学会関東支部 第12期総会 ワークショップ 講演, 埼玉, 2006.3.10-11

国際学会

  1. Ishigami, A. : Vitamin C deficiency found accelerating aging in experiment of SMP30 knockout mice. 2006 Conference of the Korea Society for Gerontology and Institute of Pharmaceutical Science, Kangwon National University -The 6th Korea-Japan Gerontologist Joint Meeting-, Chuncheon, Korea, 2006.6.22(招待講演)
  2. Ishigami, A. : SMP30: new aging model. The 8th International Symposium on Vascular Aging and Age-related Angiogenesis, Busan, Korea, 2006.8.24(招待講演)
  3. Son, TG., Kim, SJ., Kim, KH., Ishigami, A., Maruyama, N., Lee, J.: Increase of senescence marker protein 30 in kainate-induced hippocampal damage is involved in the ERK-mediated astrocytosis. 2006 Conference of the Korea Society for Gerontology and Institute of Pharmaceutical Science, Kangwon National University, Chuncheon, Korea, 2006.6.22
  4. Jang, B., Kim, E., Choi, JK., Jin, JK., Ishigami, A., Choi, EK.: Increased citrullinated proteins in the brains of scrarpie-infected mice. 2006 Conference of the Korea Society for Gerontology and Institute of Pharmaceutical Science, Kangwon National University, Chuncheon, Korea, 2006.6.22

国内学会

  1. 石神昭人、佐藤安訓、井内陽子、近藤嘉高、半田節子、久保幸穂、後藤佐多良、錦見盛光、丸山直記 : SMP30ノックアウトマウス -ビタミンC欠乏、壊血病モデルマウス-. 第126回日本薬学会, 仙台, 2006.3.28-30
  2. 丸山直記、石神昭人、半田節子、河野葉子 : 老化抑制分子SMP30のグルコノラクトネース活性と欠乏症. 第95回 日本病理学会, 東京, 2006.4.30-5.2
  3. 佐藤匡、瀬山邦明、石神昭人、丸山直記 : 加齢に伴う呼吸器疾患モデルとしてのSMP30欠損マウスの有用性の検討. 第95回 日本病理学会, 東京, 2006.4.30-5.2
  4. 丸山直記、近藤嘉高、石神昭人、下門顕太郎: ApoE/SMP30ダブルノックアウトマウスにおける動脈硬化巣の形成抑制. 第48回日本老年医学会, 金沢, 2006.6.7-9
  5. 佐藤安訓、井内陽子、錦見盛光、後藤佐多良、丸山直記、石神昭人 : SMP30はアスコルビン酸生合成経路の重要な酵素である. 第29回日本基礎老化学会, 長崎, 2006.6.15-16
  6. 近藤嘉高、岩佐嘉洋、島田信子、福田貢、下門顕太郎、丸山直記、石神昭人 : グルコノラクトナーゼ活性は加齢で減少する. 第29回日本基礎老化学会, 長崎, 2006.6.15-16
  7. 遊長由希、半田節子、島田信子、福田貢、町田武生、丸山直記、石神昭人 : アストロサイトにおけるPAD活性化機構の解明. 第29回日本基礎老化学会, 長崎, 2006.6.15-16
  8. 山本尚吾、浦野四郎、久保幸穂、丸山直記、石神昭人 : SH-SY5Y細胞においてシトルリン化タンパク質が酸化ストレスにより誘導される. 第29回日本基礎老化学会, 長崎, 2006.6.15-16
  9. 石神昭人 : ビタミンCと老化. 首都大バイオコンファレンス2006, 東京, 2006.10.12
  10. 佐藤匡、瀬山邦明、石神昭人、佐藤安訓、児玉裕三、森貴紀、秋吉妙子、後藤佐多良、丸山直記、高橋和久、福地義之助 : SMP30ノックアウトマウスは生物学的老化因子を有する新たなCOPDモデルとなる. 第3回東京呼吸器リサーチフォーラム, 東京, 2006.12.2