HOME/ビタミンCの真実

ビタミンCのQandA

  1. ビタミンCはなぜ必要?
  2. ビタミンCはどのくらい必要?
  3. ビタミンCを大量にとっても大丈夫?
  4. ビタミンCは人体にとってどのような利点があるのですか?
  5. 合成ビタミンCは天然ビタミンCより劣るとも言われていますが、本当ですか?

 

このページの先頭へ

 

1.ビタミンCはなぜ必要?

答え

ほとんどの哺乳動物は、体内で必要なビタミンCを自ら作り出すことができますが、人間は自ら作り出すことができません。そのため、食事から補わざるを得ません。

このページの先頭へ

 

2.ビタミンCはどのくらい必要?

答え

「日本人の食事摂取基準2010年版」では、ビタミンCの推奨量は、12歳以上の大人で一日100mgと定めています。

このページの先頭へ

 

3.ビタミンCを大量にとっても大丈夫?

答え

ビタミンCは、水溶性のビタミンなので、体内に取り込まれた不必要な分は、尿から排泄されてしまいますので、摂りすぎの心配はありません。(ごくまれに空腹時に大量(数グラム以上)にお摂りになると一過性の下痢を起こす場合もあります。)
それでは、たくさん摂るのは無駄かということになりますが、そうではありません。ビタミンCは日頃生活の様々な場面で消費されています。特に有名な例では、たばこを1本吸うと体の中のビタミンCは25mg消費されるともいわれています。そのほかにも大気汚染、ストレス、免疫活動などに使用されているビタミンなのです。排泄過程では、腸内細菌を活性化させながら排泄されていくので、たくさんとったビタミンCが無駄になることはありません。

このページの先頭へ

 

4.ビタミンCは人体にとってどのような利点があるのですか?

答え

ビタミンCは、身体の中で八面六臂に多方面で大活躍しているビタミンです。まず美肌を保つためにビタミンCは欠かせません。ビタミンCは、肌のハリを保つためのコラーゲン生成には必須であるほか、美白の大敵シミ・そばかすの原因となるメラニン色素の生成を抑制しています。またストレス緩和のために体内で分泌されるアドレナリンの生成にも関わっています。さらにビタミンCは、免疫力を高める効果もあり、風邪などの感染症を予防する役割を果たしています。さらに体内でビタミンEと協同して抗酸化作用をパワーアップし身体のサビを取り除き、吸収率の悪い鉄の吸収率を高める等、ビタミンCの働きは枚挙にいとまがありません。ビタミンCが不足すると、コラーゲンの構造が弱くなるため、歯茎等の毛細血管から出血しやすくなったり、肌にはりがなくなったりする等の症状がみられることがあります。

このページの先頭へ

 

5.合成ビタミンCは天然ビタミンCより劣るとも言われていますが?

答え

天然ビタミンCは、ビタミンCを多く含むローズヒップ(バラの実)などを素材としてつくられています。
合成ビタミンCは、グルコース(芋・とうもろこしのでんぷん)を素材とし、微生物の働きを利用することにより、天然のビタミンCと化学構造が全く同じ物になります。

このページの先頭へ